スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 ブルペンキャッチャー ~魔法のことば~ 』


『 Q1、日本シリーズとか“ ここぞ!! ”という時に

     起用された時のメンタルってどんな感じ? 』

【 A1、たくさんいるピッチャーの中から俺を選んでくれた!!

     “ 期待に応えよう!! ”って感謝をまず、するね。

     そこから、テンションをあげて自分とチームを信じきるよね。 】


『 Q2、自分が好投している時に味方のエラーで

     負けたときは、どういうふうに気持ちを切り替えるの? 』

【 A2、自分のチームのベストの選手が守ってんだからエラーされても

     他の選手だったら完全なヒットになっただろうな!!
 
     そう思うよ、チームメイトを信じてるからね!!  】


『 Q3、調子がいいのに打線がダメな試合で

     黒星が続いたらどういうふうに考えるの? 』

【 A3、うちの監督はそういう試合が続いたら

     “ 墓参りに行って来い!! ”って一日オフをくれたりするし、

      監督がちゃんと自分の状態を解ってくれてんだ!!よし、また頑張ろう!!

      次は勝てる!!って思えるんだ、もちろん墓参りも行くけどね。】


『 Q4、 一番、相性のいいキャッチャーは誰? 』

【 A4、 相性がいいか解んないけど一番ありがたいのは、

      ブルペンキャッチャーだね!! 】



10数年前にリーグ最高勝率になり翌年開幕ピッチャーとなったプロ野球の選手

とシーズンオフのある日、ふたりでスコップと鍬を片手に

長身の選手の身の丈よりすこし大きな樹の植え替えをするという

今考えたら奇妙で貴重な時間をあるご縁で頂いたことがある。


その際にたわいのない話をしながらも

彼にこういった質問を興味本位でたくさんしてみた。


彼とは同じ年齢ということも味方してスコップや鍬を地面に突き立てながら

飾らず気取ら普通に答えてくれた。


その中で覚えている質問がこの4つ


一番気になって掘り下げて質問したのが

“ ブルペンキャッチャー ”についてであった。


『 ブルペンキャッチャーはね、試合直前にすこし自分の投球に不安がある時

  そんな時に球をキャッチする瞬間にミットを少し前に出して

  “ パーン!! ”と音を立ててキャッチして

  “ 今日も球、走ってるぞ!!いいぞ!! ”

  “ よーし、いい球だ!! これじゃ誰も打てないぞ!! ”って

  
  自分の不安をかき消してくれて、

  自分のテンションが投球を重ねるごとに挙げられんだよね。

  最初は“ またうまいこと言いやがって。 ”

  なんて思っていても魔法のことばに暗示をかけられるんだ。

  
  でも、そのキャッチャーは投手の性格やブルペンでの投球数や

  テンションの挙げ方を投手ごとにちゃんと把握してんだよね!!

  うまく乗せられるんだけどね、実際は。

  でも、その時間とそういう存在が大切なんだよね!! 』


とかく、ピッチャー的な存在に憧れ“ 俺がこの試合の鍵を握ってんだ!! ”

って感覚に憧れる時も多々ございましたが



今は、たくさんの思いや勇気を受ける機会が増えました。

いい捕手を今は目指しています!!



ドロまみれになり汗だくになり掘り起こした大きな樹は、ふたりで持ち上げて

軽トラにのせる時“ あと、すこし ”というところで持ち上げることが

出来なかった。


彼は僕の目を見て真剣に力強く低い声で呟いた。

“ 絶対に軽トラに乗せる!!ふたりで持ち上げられる!!そう信じきって!! ”


リーグ最高勝率投手を助手席に大きな樹の重みに

軽トラは、ゆさゆさ揺れながら僕らは畑のあぜ道を走った。




PICT1022_sh01_convert_20120511110907.jpg

写真の選手と本文は関係ございません。





    応援歌 / THEイナズマ戦隊
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。