スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓 中村勘三郎さま


拝啓 中村勘三郎さま


わたくしはあなたが好きです。

あなたという存在から歌舞伎という日本の伝統に興味を懐きました。

昨夜鹿児島にてあなた様のお芝居を拝見させていただきました。



生声・生音そして手動による演出効果



その妙技には、何度観てもやはり圧巻です。

背筋が真っ直ぐなるほどの感動を覚えます。



古きを死守しつつも新しさを加え重ねる老舗の味を堪能させて戴きました。


文面で表現することが痴がましさを感じる次第ですが

生きる伝説 LIVING LEGENDの空気感を体感できたこと

この上なく幸せに存じます。


歌舞伎に限らず落語やその他多数の日本の伝統美を

喰わず嫌いにならずぜひ一度は体験あれ!!


と世界中のひとに御伝えしたく存じます。





PA253396.jpg
スポンサーサイト

  越冬



             『 凍える冬を知る者のみぞ

          春のありがたさを知るのだろう。 』






PC311997_convert_20111024205339.jpg

“ とどのつまり ”



“ とどのつまり

  

  『 ありがとう!! 』


  『 ごめんなさい!! 』


  『 好きです!! 』

 


   この三つの言葉で十分な気がします。 ”




『 月光  』




『 盃に 浮かべし愛でる 雨後の月  』



 
PA133277_sh01_convert_20111023220606.jpg


感謝を込めて。


美空ひばり 「人生一路」




“ 冷や飯喰って ”





以前一流企業のエリートさんと話をした時

“ 上司に反発したら冷や飯食わされて大変ですよ!! ”

そう嘆いていた。

“ 冷や飯でも喰えるだけいいじゃないですか!! ”

そう言って僕は席を立った。


別に彼が悪いわけではないが。



ミスとか失敗とかを体感していないってことは哀しいことである。

だって

他人様のミスとか失敗を赦す術がわからないのだから。

『  日々  』




前記のblogにも書いたことですがご了承を。


僕はかれこれもう5回以上錦江湾で


野生のイルカに遭遇しています。



僕はこの海にイルカがいることを知っています


だから海岸線をドライヴするとき

フェリーの上。


海に接しる時間を愉しむことが出来ます。




またイルカに逢える時間を待ち望んでいます。




この話をしても信じてくれないひともいます。

そんな方は海を眺める余裕も無くしているのでしょう


また何も期待せずにイルカに遭遇するひともいるでしょう


釣り人や漁師の関係者を除けば

野生のイルカを見たくないってひとは僅かなことでしょう


多くノひとは見たいはずです。


やっぱり

日々信じているもの

日々願っているもの


そのものには叶わない。


イルカに関わらず他にもこのようなこと多々ございます。






MISIA-明日へ

“  錦江湾からの贈り物   ”

秋空のきょう

定例のまるごみあいらのごみ拾い活動のため

姶良市重富海岸なぎさ公園に出かけました。


集合時間より1時間ほどはやく着いたので


ひとりで1時間・仲間と1時間みっちりごみを拾ってきました。


この海岸は運が良けりゃ


“ イルカ ”


に出逢える場所です。



今回で5回目の開催です、



行きの車中はもちろんのことながら

ごみ拾い最中も参加者の仲間にイルカを見せてあげたい!!


そう願い祈りながらせっせせっせと活動を勤しんでいました。



今回も残念ながら想いは叶いませんでした。



帰りの車中

助手席側の海のさざ波に不定期な場所が


点々と黒いものが





そう、イルカの群れがいました。





あわてて、車を停め

先に帰路を走っているであろう仲間に



“  イルカ登場!!  ”の発信を。


車を停め約15分ほどイルカウォッチングでした。


数十頭のイルカの群れはまるで

僕に御礼・挨拶・BYEBYEをするかのように

目の前を右に左に二往復してくれました。


ほんとは単にエサの小魚を追っていたのかも

知れませんが・・・・。


今回のまるごみあいらは乗り越えなきゃいけない壁に

遭遇していたのでそんな風に感じました。


錦江湾からの贈りものを戴きました。




PA163388.jpg


追伸


シーカヤックで潮風を満喫していた方

いきなりのイルカの群れに遭遇で必死に

イルカの群れのそばに行こうとパドリング!!


知ってか知らずかイルカたちは

そばに向かってくるとしばらく潜水。


そして遠く反対側に

カヤックの主も二往復。


それでも、きっと

素敵な秋の一日になったこと間違いなし。






PA163306.jpg


いつか近いうちに

まるごみの仲間や

海を愉しむひとたちと


この光景を共感したいです。

錦帯橋




昇りて

降りて

下駄減らし



昇りて

降りて


あの瀬に渡りし錦帯橋







山口・岩国市 “ 錦帯橋 ”

『  雉も鳴かずば   』




雉も鳴かずば撃たれまい。


されとて、雉も鳴きたかろう




そこに命がある限り。



『  裏地   』



表は地味でも裏地が綺麗。


そういうところに


洒落を、粋を

感じる。



にんげんもそうありたい、




“  歩幅   ”




性別・年齢・身長

ひとそれぞれ違う。

今の自分がいちばん

快適な歩幅で歩く


無理に他人の歩幅に合わせる必要なんてないんだ!!



きみの歩む速度でいいんだ。



“ たおやか ”

昔は

鉄のような強さばかりを

求めていたような気がします。


でも

今はすこし違うんだなぁ


しなやかで和らげな竹のようになりたい。


剛くて柔らかく

柔らかくて剛い。


我、竹の如くなりたし。

 『 大なり小なり、 』


昔から時より

思っていることがある、

最近強く頻繁に頭に浮かぶ。

昨夜のシャワーの際も…。


『 頭に想い浮かぶ夢って


  ほんとは自分が


  叶えられる範囲の事しか


  頭に浮かばないのでは

  
  ないだろうか…。     』



総理大臣になりたい!

一流企業のボスになりたい!


そんなことは一度たりとも自分は

思ったことはない。



あんな車に乗りたいなぁ。

あんなことしたいなぁ。


物欲から思想までの夢は果てしないけど…。



小さい頃

映画でサムライ役がしたい、

Liveで歌いたい。


そんな夢みたいな!!って

親に笑われそうなことも


大なり小なり

叶えさせてもらった。


きっと

あんな車に乗りたい!

って夢だってフルタイム働いて

それだけに力を注げば

きっと叶うのだろう。


ってバカプラス思考な

わたくしは夢描き放題だな!!

ってひとり浮かれる。



そしてダチの言葉を思い出す、


“ 夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ!! ”




DSCF0789_convert_20111005084852.jpg

NOBODY IS PERFECT / 布袋寅泰

『 銭湯のルール 』


ひと様に迷惑をかけず

生きるということは、

満席の銭湯で

お隣さんにシャワーを一滴もかけない!

ということに相応しい。


ならば

かけてもかけられても


“まぁまぁ”と


赦す術を持てばいいのだ!


だって遠慮しながらの
シャワーって味気ないよね。






IMG_1689_convert_20111004203424.jpg

『 無条件に直感を受け入れる。 』



あぁ今夜はガッツリ肉が食べたいなぁ!

あぁ、なんかスカッと炭酸系が飲みたいなぁ!

なんてことは多々ございます。


どこかの医学博士が黒ぶちのぶ厚いレンズの眼鏡で

体内のデータを分析すれば


きっと

“このナントカ値が減っているので肉系や

 炭酸系を体が欲しがるわけです!”


なんて素人さんにはカタカナガイッパイ

チンプンカンプンの血液データのようなものを

見せて説明を受けるだろう。



だがそんなことは現実的に難しく



そして、常に我々の脳は忙しい

視覚聴覚嗅覚などなどからの情報収集から適性に

判断して身体のパーツに毎回緊急指示をしている

これの複合化の極みで脳は働いている。


例えば、

わたくしがYouTubeを聞きながら適切な言葉を

検索しblogを一筆啓上するそんなパソコンの

何千何万倍の機能を持ち合わせたものが

脳、いわゆる脳みそである


そんなめっちゃ忙しい脳が


“はい、オーナー!ナントカ値が低下してま~す!

 肉系をそろそろ食べましょうか。

 いや、出来ましたら食べてくださいよ!”


なんてめんどくせぇ説明をしない、

いや説明しているのかも知れないけど


我々の受信ではそうは感じない。



長すぎる前置きになってしまって恐縮ですが




もうひとつよくあることで



“あぁこうしたいなぁ!”


“あそこに行きたいなぁ”


とか


“あのひと元気かなぁ!”


そんなことも多々ある。



こういったことを第六感とか虫の知らせ


または直感などと言われますが



ここでは『直感』という言葉を使わせてもらいます。



“あぁこうしたいなぁ!”


“あそこに行きたいなぁ”


とか


“あのひと元気かなぁ!”など様々な直感も


肉が食べたい!

炭酸が飲みたい!


といった現象と同じように思えないでしょうか。



今、

食べたくなったものを

食べる!


飲みたくなったものを

飲む!


それがタイミングやダイエットなどで想いが叶わぬ。


そんなこともあります


ですが

想いが叶えば


元気になったり


やる気が出たり


幸福感に包まれたりします



まったくの私感でございますが


今夜は肉が食べたい!


こんなことがしたい!



これも


大切な夢のひとつひとつなんです。


なるべくなら発信された


直感に無条件に従う



その結果


元気が出たり


やる気が出たり


感動が待っていたり



いい結果に繋がることが多い気がします。



これを毎日毎日繰り返すと


自分の受信機が


クリアによくなり


望むことや小さな夢を叶えて願いは叶うんだ!


ってことが習得となりクセになる。

2×3=?

という計算式が通常なら

2×?=6

という計算式が


直感というものかも

知れませんね。


どうか今夜はみなさん

食べたいものを食して下さい。



そこから始まる一歩があるかも。



無条件に
直感を受け入れる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。