スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かっこよか、かっこ悪かるか

そげなことは他人さぁが決めりゃよかが。

前、後ろか。

一歩踏み出むしかなど!!





P5202137.jpg
スポンサーサイト

昨日も今日も明日も。



パーフェクトというものには程遠いかも知れません。

それでも、今の自分のベストを尽くして来ました。

反省はありますが後悔は御座いません

昨日も今日も明日も。





P5041976.jpg

一輪車



前進するときは少し前に傾ける気持ちになります。

スキーなどをするとき慣れない時はすぐ近くを見てしまいます。

これは不安だからです。

でも、これが上達を遅くする原因の一つになるのです。

下を見ていても思い通りにはなりません。

進む方向をしっかりと見るようにして下さい。

気持ち遠くを見すぎるぐらいでちょうどいいのではないでしょうか。



一輪車指導マニュアルの中で出逢った、いいことば。




P9150249_sh01_convert_20130517221758.jpg



根拠なんて御座いませんが。


いろんな角度から追い込まれた。

挑めば修羅場 逃げても地獄


腹ん中で俺がつぶやく

“ 俺がやらなくて誰がやるんだ!!

  歴史が遅れるぞ!! ”


頭ん中で、もうひとりの俺が薄ら笑いで


“ 何を根拠にそんなこと言ってんだ。

  どっからくるんだその自信は…?。 ”


そうこうしているうちに誰かが

“ やっちまいな!! ”って点火して


“ 俺が通る、道を開けろ!! ”ってオラオラ状態になるんです。


俺の馬鹿さ加減にも程がある。


やっちまいな!!




P5152102.jpg

スイカに塩



夢・人間関係・仕事・御金

悩みきれないほどのなやみもございます。

それに伴うモガキもございませう


夢・にんげん関係・仕事・御金

感謝しきれないほどのありがとうもございます。

それに伴うしあわせもございませう


しあわせをもっと感じてほしくて

悲しみや苦しみを拵えてくれているのかも知れませんね。


まるで、それは

スイカに塩をかけるように。




P5274811_sh01_convert_20130515212156.jpg

おつかれルービー。


汗ダクダク 喉カラカラ。

何か飲み物を飲みたいとこだが

ちょいと我慢がまん、小急ぎでシャワーで汗を流し

冷蔵庫から冷やしたグラスに泡酒を丁寧に音を立てて注ぐ。

喉が鳴る、

俺が犬ならヨダレたらたらだろうな…。

“ 待ってました!! ”と喉で踊る泡酒。

一気に吐く息と同時に入る幸福感



なやみやくるしみ、かなしみも

幸福感を感じるためにあるのかも知れない。






P5102083.jpg

ミシラン、☆☆☆ 青空れすとらん。



グリーンビューな

展望れすとらんでランチ。


野良仕事をしていると

弁当のふりかけをいつもと変える。


ただそれだけなのに

なんだかしあわせである。

気づかないような

しあわせが

あちらこちらに

星の数ほどあるものだ。





P5092076_convert_20130514061618.jpg

鳥人


怖さ半分、期待半分。


時に大空を舞う鳥の目線になってみる。

自分も含めて客観的に物事を観て見る


その景色が霞みで見えない時もある。


この山を越えた自分に逢ってみたい


そんな気が無性にするのです。





IMG_8468_convert_20130512225930.jpg

「 宜しく候 」


でけぇ夢に出逢ったのだ!!

誰それと呑み語りたい。

何処そこに行ってみたい。

そんな夢も好い

金や時間があっただけじゃ叶わぬ夢

こんなもんに出逢うと

魂が震えます。

一か八かではなく、やり遂げるのだ。

子は宝と申しますが

であれば、島の宝を守るために

志あるもの数人で小さな船で大海に挑みます。


この船員になれたことに感謝

でけぇ夢に出逢えたことに多謝

出逢えた仲間に深謝、


行くぞ!!!!! ヨーソロー!!!!!




P5072068_convert_20130509211114.jpg

Go ahead


七年程から願い続けた夢の椅子に座わらせてもらった。

高揚と緊張が入り混じる

この状況はキライじゃない、むしろ大好物である。


夢ってさあ、叶う時間は一瞬で切ないほどに過ぎていく。


たくさんある夢

この夢は正直、自分が想ったよりもその瞬間は、はやく訪れた。



ということは

この先にまだ何か手招きしているのであろう…。


たくさんのおかげさま

たくさんのありがとう。


またスタートします。

まだまだ歩みます。




P5052051_convert_20130506221112.jpg


ねえさん、大典、エイジさん ありがとう。

んだば。山さ登っペ、


誰ががやるから俺もやる。

だれかがやらないから俺もやらない。


そんな感覚はもう卒業しました。


励ましてくれたりと支えてくれたり

そんな覚悟という盟友


叱ってくれたり微笑んでくれたりする

そんな仲間という心友


すぐ隣りにいなくても存在をすぐ傍に感じるから。


ひとりでも創めるのです

ひとりでもやれるのです。


誰ががやるから俺もやる。

だれかがやらないから俺もやらない。


そんな感覚はもう卒業しました。


んだば。山さ登っペ、




PA190395.jpg

明日から今日から今から


人生にエンドラインってものは無い。

そのすべてが

スタートライン。

またスタートすればいいのだ。

何度だって、いつだって。




P5021909.jpg



純さん、


10年前と今、御世話になっている御茶農家。

その御茶畑の管理責任者の純さん

燃えあがるのとは違い炭火のような

真っ赤な情熱を持つ

“ あにょ ”

ここ最近仕事に使う道具を切らしてしまい

純さんの贔屓の店が売り切れでその部分の仕事が先延びになっていた。

幸いにも通勤途中に大型ホームセンターが数軒あるのでのぞいてみた

欲しい道具の在庫もあり、純さんに聞くわけでもなく購入した。

1個298円 二つ購入して596円

頂いている御給金が申し訳ないくらいにたくさんのやさしさを頂戴している

代金を請求する気などさらさら無い。

むしろ、この道具がこのあったかい御茶農家に消耗するまでの間

存在することがうれしいぐらいである。

今朝、何も言わずその道具を純さんに差し出した

“ どこで見っけた、領収書は?レシートをやらんね。 ”

すこしだけ艶つけて

“ これは御代は要りません、追加の時は下さい。 ”そう伝えた。

数秒して

“ 饅頭を差し入れに買って来たのとは訳が違う、

  これは俺たちが御金を稼ぐための道具だ。 ”

そう言って千円札を一枚差し出された。

“ わかりました!!ありがたく頂きます。”

お釣りの402円を差し出し渡そうとすると

“ 手のひらを広げてごらん。 ”

そう言われ、手のひらを広げると100玉一枚だけ取って

“ 俺がいつも買っている店では一個450円だから、こいでよか。 ”

そう言いの残し、そそくさと純さんは仕事に取り掛かった。


やっぱり、俺は幸せ者に御座います。


ここの御茶農家は数年前 総理大臣賞を受賞した、

『 心・技・体 』の意味が今、解る気がする。





P4131716_sh01_convert_20130501214731.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。