スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『愛らぶ東北 3・11 プロジェクト~エールの旗~鹿児島祇園睦會 納屋弐番神輿』


鹿児島の夏を彩る鹿児島祇園祭

鹿児島の人間は「おぎおんさあ」と呼ぶ。

悪疫退散、商売繁盛を祈願して、

古く江戸時代から行われている伝統的な祭りです。

大人神輿5基、女神輿3基、子供神輿15基の神輿連が

約2キロを連なり練り歩く、その中でも由緒高い

鹿児島祇園睦會 納屋弐番神輿

担ぎ手賄い総勢約150名の有志の集まりである。


img57626473_convert_20120305185913.jpg

そんな有志たちが

岩手県宮古市の夏祭りで神輿を担ぐ

末広商店街のお神輿復興応援に立ち上がった。

img_297401_2399502_7_convert_20120305190838.jpg

33139_sr_convert_20120305191415.jpg

(写真 2011・3・12 末広町商店街)

納屋弐番神輿は昨年のおぎおんさぁの際に仲間内で販売した

Tシャツの制作費を除いた金額約五万七千円全額を

愛らぶ東北3・11天文館まるごとごみひろいプロジェクトヘ

賛同して頂き、末広町商店街のお神輿の復興に使って下さい!!

と有志の御気持ちをお預かりすることになりました。

P3034406_sh01_convert_20120305194047.jpg

先日行われた定例会の際、たくさんの篤い言霊もエールの旗に

書き込めていただきました!!

P3044409_convert_20120305195135.jpg
担ぎの玄人衆の粋な姿に天晴れです。
ogionsaa.jpg
(写真 納屋弐番神輿)
E38395E383A9E382A4E69797E8A385E9A3BE20(4)_convert_20120305194901.jpg
(写真 岩手県宮古市末広町商店街)

鹿児島祇園睦會 納屋弐番神輿のみなさまには心から敬意と感謝を込めて

ありがとうございます!!


追記

神輿というものは、四六時中 心の中で担ぐものなのですね!!

素意也!!





スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。