スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野花のようなしあわせ

ひさしぶりに同志と人生を語り深夜4時前に帰宅。

帰りに落ち着いたTAXIに乗りたくて

個人タクシーのプリウスをタクシー待機の列で探すが見当たらず

“ まァいっか!! ”ととぼとぼ帰路を歩む。

空車のタクシーの往来の激しい道でいつもは

“ 乗らないの!? ”的に

進行方向のちょいと先にタクシーが待機することもしばし。

昨夜に限っては、そのような事も無く

1キロほど歩いていたら車のドアの開く音だけ聞こえて

“ ご利用よかったですか? ”

個人タクシーのプリウスが停まっていた。


今日、初代キャプテンの卒業まるごみである“ まるごみ大學 ”に

参加したかったが仕事の都合でどうしても参加を断念…。

そう思いきや、今朝急遽仕事が休みになった。そして無事に参加!!

立ち上げから頑張ってくれた卒業するメンバーにお気に入りの

鹿児島市城山町、照国神社から5分の処にある小さな花屋さん

『saku』さんのご主人の拵えた花束を卒業生に贈りたくて

問い合わせのTEL、自分の望む時間より30分後ぐらいにご主人が在店と

聞いていたが再度早めにTELしたら電話に出たのはご主人。

勿忘草の小さな花束を6本拵えてもらった。

P2201115_convert_20130221010900.jpg



この大学生たちの勇気あるやさしさ溢れる活動をいつか認めてくれて

声をかけてくれる大人が現れることを毎回僕は小さく望んで待っていた。

初代メンバーの最終日の今日

通りがかった年配の男女が声をかけてきてくれたらしい。

“ 何かあったら御協力しますよ!! ”と。名刺を渡されたらしい

名刺を拝見すると社会福祉協議会のお偉い方でした!!


昨夜、人生を仲間と語りながら自分の後方にあった

恵比寿様に持ち上げられた鯛が自分に見える!!

そう何度も同志は自分に話した。


P2201102_convert_20130221011853.jpg


小さな夢が連続で叶った。

世知辛いこの日々にささやかな野花のようなしあわせがとても大切に想える。

そして、導かれた物語に感謝である。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。