スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 情けと茶は濃いごいと。 』


わたくし、4月1日から御茶農家さんのお手伝いをさせて頂いております。

13年程前に旅に出ていまして旅の途中でリタイヤしてボロボロになった時に

拾っていただいたのがこの御茶農家さんでした。

そして、今年、リタイヤした旅に再挑戦します。

家族のように接してくれるこの御茶農家さんがだいすきで旅に出る前に

こころに栄養も与えたく御茶農家さんに手伝いを申し出ました。

この時期、繁忙期である御茶農家さんは

“ あなたが来てくれるなら願ったり叶ったりだ!! ”

その理由も聞かず私をふたたび受け入れてくれました。


今日、御茶農家の主の息子さんと休憩のお茶の時に聞いた話ですが

主は10年以上前に御世話になった時に自分が忘れていった地下足袋を

2年程前まで“ また御縁があるかも知れないから。”そう言って

ずっと保管していてくれたそうです。


その話を聞いて涙を紛らすために“ 鮭のように帰って来ました。 ”

ドサクサでそう言うと御茶農家さんの主の息子さんが

“ 鮭は生まれ育った河に戻り死んじゃうから鮭じゃないです。 ”



旅に出る前にこのあたたかい御茶農家さんで働くことを選んだことを

導かれたこの命運に心底より深謝しました。



最近、出逢って大好きなことば

『 情けと茶は濃いごいと。 』




P4031543.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。