スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『  竜の字   』

わたくしは坂本龍馬のファンである。


先週の日曜日

霧島市の用事を済ませ久々に温泉郷に車を走らせた。

別に特別な目的地もなく


道中に塩浸温泉龍馬公園で龍馬祭りというイベントが

開催してあり賑やかな様子でしたが

何となく気が向かず通過。


牧園町の交差点で和気神社が気になり

車をUターンして神社に向かおうとした際に


郵便ポストの上に龍馬とお龍さんを発見!!

全国に龍馬ゆかりの地はたくさんあるが

きっとこれはレア!!!である。


PB133497_convert_20111115192304_convert_20111115202835.jpg

『 龍馬祭りに来たらいいぜよ!! 』



なんて龍馬に言われた気がしたので

龍馬祭りにも立ち寄ることにした。


“ 龍馬伝 ”以後この塩浸温泉は龍馬公園となり

かなりキレイに改装されている。

以前改装前は、いい具合にしなびていい歴史の味があり

年に二度ほどは龍馬と同じ湯を愉しんでいた。


龍馬祭りに到着


そこで自分の首に何気なく巻いていたのが龍馬の手ぬぐい

であり、着ていた上着に西郷さんがプリントされたいたものを

着ていたことを発見!!


偶然のことだが胸が高まる。


新しく出来た“ 龍馬資料館 この世の外 ”を見学。

内容は行くひとの愉しみのため割愛しますが

一見の価値は十分にあった。


ラッキーなことに抹茶の振る舞いも受けた。

PB133502_convert_20111115192334_convert_20111115202900.jpg


この公園の龍馬とお龍の銅像は等身大で創られているらしい。

偶然にも龍馬と自分は同じ身長174㎝!!

なんだかそれだけでうれしい!!




その後 和気神社に到着。

ここは猪にまつまるエピソードのある神社で

白い猪もいる。

龍馬夫妻も訪れたらしい!!


自分が猪年生まれということもあり

年に一度は少なくても訪れる場所。

なによりもこの場所の空気感が抜群に素晴らしい!!




そして神社下にある犬飼の滝に行く。


この滝は絶景である。


龍馬も“ この世のものとは思えんぜよ!! ”

そんな言葉を姉宛の手紙に書き示すぐらいの滝である。



茨の道を登り滝つぼの近くまで歩くこと約30分

PB133513_convert_20111115192449_convert_20111115203004.jpg

登り着いた先にこの絶景!!

PB133514_convert_20111115192523_convert_20111115203027.jpg


馬鹿プラス思考な自分には滝つぼのしぶきの中に

“ 龍 ”がいるように見えて仕方がない!!

龍は水神でもあるので居てもおかしくはない。



この日も何か導かれた秋の日曜日であった。



PB133501_sh01_convert_20111115202919.jpg


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。